創研学院

くずは校

お問い合わせは0120-58-5519

近畿大学 仲田さん 合格体験記

近畿大学 文芸学部・文学科
合格体験記

仲田 仁美さん

これから受験に挑む人に頑張ってほしいことは、
“計画を立てること” “投げ出さずに最後までやり切ること”です。
最高に充実した4年間のために、全力で頑張ってみてください。

(画像はクリックで拡大します)

大学受験を終えた私が今、これから受験に挑む人に頑張ってほしいことは、「計画を立てること」そして「投げ出さずに最後までやり切ること」です。

まず、「計画」に関してですが、これは1年間の勉強の予定、受験日程の予定、そして毎日の勉強の予定、どの予定も甘く見てはいけません。共通テストや一般入試をゴールに年間計画を立てると、おそらく公募推薦入試の対策は不十分でしょう。

受験日程や受験科目(国語に古文・漢文が含まれるか、マークか記述か、英作文はあるか、理科・社会科目に指定はないかなど)を早めに調べておかないと受験日が重複してしまったり、しなくていい勉強をしてしまったり、逆にしなきゃいけない勉強が間に合わなくなったりもしてしまいます。

毎日の勉強はとにかく「継続・反復・適度な息抜き」を大事にしてください。

毎日コツコツと勉強を継続し、1度できるようになったら忘れないように定期的に繰り返す。毎日ちゃんと勉強していれば、1歩1歩は小さくても少しずつ目標には近づいているはずです。

そんな自分を自分でちゃんと褒めてあげましょう。私は1年間TwitterもインスタもYouTubeも消しませんでした。時間を決めて使って、上手くストレスと付き合いました。

自分の努力を1番知っているのは塾の先生でも学校の先生でも親でもなく自分です。
上手くストレスと付き合っていくことは1年間勉強を続けるために大切なことです。

そして「投げ出さずにやり切って欲しい」ということに関してです。

想像通りだと思いますが、大学受験は本当にしんどいです。高校受験の比じゃありません。当然心が折れるし、投げ出したくなります。「もう無理」「どうせ落ちる」「滑り止めの大学でいいや」とか言いたくなったり、思ったりすると思います。

でも、言いたくなったら1度その言葉を飲み込んでください。
マイナスな言葉は口に出してもメリットはほぼありません。

私は近畿大学が第1希望だったのですが、「公募でいけるかもな~」とうっすら考えていました。
そしてあっけなく不合格となりました。

不合格となってからは3日間くらいかなり落ち込みました。でもそれ以降は悔しさがこみ上げてきました。
それからは「『無理』は全部落ちてから言おう」と自分と約束し、より勉強を頑張るようになりました。

共通テストの日本史が40点代、その2週間後のA日程でも日本史の点がボロボロでした。
でもさらにその2週間後のB日程までで日本史をグンと伸ばし合格することができました。

社会は1日でも早く勉強し始めるのをおすすめします。
日本史はナメたら痛い目にあいます。

こう言えるのも受かったからかもしれませんが、努力は無駄になりません。公募とA日程でズタボロにされたのも今となってはいい経験で思い出です。

自分ができないこと、苦手なこと、わからないことを乗り越えてつかんだ合格はめちゃくちゃ嬉しいし、キャンパスライフは本当に楽しいです。今頑張るか頑張らないかで直近の4年間(人によっては違いますが)の未来が変わります。

最高に充実した4年間のために、しんどいとは思うけど、この1年間全力で頑張ってみてください。

 

投稿一覧

  1. 2021-09-10

    くずはカレンダー9月号

  2. 2021-09-08

    英検・漢検のご案内

  3. 2021-08-27

    高2「英数セミナー」のご案内

  4. 2021-08-04

    数学特訓・英語特訓 第4弾 のご案内

  5. 2021-08-04

    くずは校カレンダー8月号のお知らせ



くずは校へのお申し込み