創研学院

創研学院からのお知らせ

  • 学校説明会レポート

日本大学中学校 説明会2023開催レポート

2023年9月22日(金) 創研学院・ブレーン主催 日本大学中学校の説明会を開催しました。
日本大学中学校は、昨年秋の説明会に引き続きの開催となります。

メッセージをいただきました!

まず初めに、日本大学中学校  藤原先生より、本記事をお読みの学生・保護者の方に向けてメッセージをいただきましたのでご紹介いたします。

日本大学中学校へ

日本大学中学校へは日吉駅から登下校時に運行しているスクールバスで片道5分。徒歩なら12分で通学ができます。

駅からなだらかな道を抜けて、静かな住宅街を出ると右手に見えてくるのが日本大学中学校です。大きく開けた地に、存在感のある立派な校舎がすぐ目に入ってきます。

※Googleストリートビュー:マウスや指で自由に操作できます

日吉は慶應義塾大学のキャンパスがあり、学生街として人気の街です。スーパーやコンビニなどが充実しており、突然のお買い物でも困ることはありません。(登下校時は利用不可)

説明会開始

藤原先生による司会のあと、当塾創研学院の首都圏本部長 山本よりご挨拶、そして日本大学中学校校長田村 隆先生により学校概要についての話をいただきました。

学校説明会スタート!

▼日本大学中学校の教育目標

参照:日本大学中学校公式HP

教育目標の「Aiming high!」 には“志高く、高みを目指す教育”という意味が込められており、日本大学教育理念「自主創造」・校訓「情熱と真心」・教育目標「自覚と責任」の三つの柱から成り立ちます。

これからの予測困難な未来を生き抜いていくための「確かな力」と、人を愛する「人間力」を養い、94年の伝統校でありながら『教育進化』を掲げワンランク上の目標達成を目指しています。

▼学習・授業について

参照:日本大学中学校公式HP

日本大学中学校では、2022年から新たな教育システム「中高一貫2-1-3システム」がスタートしました。

中学1・2年生はAF(アカデミックフロンティア)コースとGL(グローバルリーダーズ)コース※の2コース制、中学3年生は高校2コース1クラスのプレ期間ということで「高校0学年」と位置づけ、早い段階で自らの進路と向き合う期間を設けています。中高一貫校にありがちな中だるみを失くし、中学3年生には既に大学受験への意識づけができるので、余裕を持った学習計画の実現が可能です。

※AFコース・GLコースに関する詳細はこちらからご確認ください。

また、日本大学中学校の教育ポイントの一つである「英語力向上プログラム」は下記の通り実用的な英語をインプット、アウトプットするための充実した授業・講座が用意されています。

英語力向上プログラムの一例

少人数制英会話授業

英会話の授業では、ネイティブスピーカーによる少人数制授業を展開しています。
また、「GL」コースでは、1回/週 オンラインマンツーマン英会話も実施しています。(Weblio英会話)

少人数制英語授業

GLコースでは、英語の授業を少人数で展開しています。レベル別の授業のため1人ひとりの英語力を更に伸ばしていきます。

■海外研修・留学制度・課外講座

【GLコース(中2)】シンガポール(4泊5日)
【特進プレコース・総進プレコース(中3)】台湾(4泊5日)
【SGプレコース(中3)】ニュージーランド(約2週間)
【その他】海外研修留学制度あり,イングリッシュラウンジ(放課後),英会話特別講座(英検対策)

このほか、生徒と教員との距離が近いのも当校の大きな特徴で、定期的に学習相談、補習、面談を行っているため、どんな内容でも気軽に相談できる体制となっています。

▼進路について

参考:日本大学中学校公式HP

特別進学コース・総合進学コース・スーパーグローバルクラスの2コース1クラスを展開し、生徒一人一人に寄り添った進路指導を行っています。また、時期になると進路相談会や学部訪問、卒業生による講演会などが開かれ、生徒の受験意欲向上・リアルな受験対策に繋がっています。

日本大学の付属生でありながら、医・歯・薬・獣医にも選択の幅があり、高校特別進学コースの過去3年間平均では、国公立大学合格率21.1%、早慶上理合格率34.4%を記録しています。

質疑応答

続いて、保護者の皆様より事前にいただいた質問への回答を紹介します。

通塾率について教えてください。

中学生で20%程度が通塾しており、英語など限られた科目に絞っている生徒が多いと思います。高校生全体で28%程度、高校3年生全体で40%程度になります。

内部進学について教えてください。

高校3年生秋までに3回受験する、「基礎学力選抜方式」と、高校3年間の学内成績で希望者の中から選抜する「付属特別選抜方式」と、日本大学への推薦資格を保持したまま国公立大学との併願が可能な「国公立併願方式」があります。

補習や宿題のフォローについて

個別の質問に対応ができるチューター付きのスタディルームがあり、登録をした生徒は利用時間内であればいつでも利用できます。中1はスタディルームが必修で、しっかりとした学習の習慣を早期に身につけます。指名制の補習や希望制の講習も行っており、学習の不安解消・更なる学力伸長を目指しています。部活動は全力で。しかし、あくまで学習が第一であるため、補習があれば部活よりも優先します。

終わりに

日本大学の付属校としてのアドバンテージは残しつつ、他大学受験(特に国公立大)への合格者数を伸ばすことを強く意識しており、付属校と進学校のよさを融合した「進学ハイブリッド化」を実現されている学校です。

校舎の中は清潔感があり、広々としていて生徒が学習しやすい環境だと感じました。

部活も勉学も全力で。向上意識の高い生徒さんや余裕を持った進路選択をしたいという生徒さんには、特におすすめの学校です。

写真ギャラリー

最後に、校舎見学の様子と校内の様子を写真でご紹介します。

図書室
制服マネキン
柔道場
アリーナ
温水プール
アトリウム
授業風景も見学させていただきました。
校舎の至る所に自動販売機コーナーが◎
会場となった視聴覚教室

日本大学中学校 基本情報

所在地〒223-8566 横浜市港北区箕輪町2-9-1
交通アクセス東急東横線/東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」徒歩12分
設立年1930年
創立者山岡 萬之助

創研学院・ブレーンでは各地域の人気の私立中学校を中心に、年間約40校、創研学院独自での学校説明会を実施しております。主に各私立中学校を会場とし、説明会と施設見学にご参加いただけます。

一般的な説明会よりも各中学校の先生方との距離が近い会となりますので、施設見学の後などに直接質問することも出来ます。本やインターネット上にはない、「生きた」情報が得られる説明会です。

また、創研学院・ブレーン生以外の生徒・保護者の皆様も無料でご参加頂けます。ぜひお知り合いの方もお誘い合わせの上ふるってご参加ください。

投稿一覧

  1. 2024-01-23

    中学受験コース:新学年は2月からスタート!

  2. 2023-12-20

    実践女子学園中学校 説明会2023開催レポート

  3. 2023-11-29

    普連土学園中学校 説明会2023開催レポート

  4. 2023-11-09

    【首都圏】創研学院 塾生限定 入試直前特訓(中3)/面接練習(小6) 実施します!

  5. 2023-11-07

    広尾学園中学校 説明会2023開催レポート

  6. 2023-11-07

    明治大学付属中野中学校 説明会2023開催レポート

  7. 2023-11-06

    東京農業大学第一高等学校中等部 説明会2023開催レポート

  8. 2023-11-02

    昭和女子大学附属昭和中学校 説明会2023開催レポート

  9. 2023-10-26

    日本大学中学校 説明会2023開催レポート

  10. 2023-10-12

    恵泉女学園中学校 説明会2023開催レポート



創研学院からのお知らせへのお申し込み